われら青春女川復興支援隊

宮城県女川町の復興を支援するボランティア団体です。

  • 2017.1.6 UP

    ブログ
  • 最新情報
  • 団体について
  • 活動報告
  • 支援金のお願い
  • 協力会社・団体
  • 写真集
  • 2014.8.2 UP

    写真集2
  • リンク

HOME > 団体について

団体について

「目的」

私たちは、中村雅俊さんのデビュー作、「われら青春!」(1974年日本テレビ系で放映)の当時のスタッフ・キャスト・関係者、 及び、劇団「裏長屋マンションズ」関係者有志の集まりです。

中村雅俊さんの故郷の宮城県女川町、出身高校のある石巻市は、2011年3月11日の東日本大震災で甚大な被害を受けました。女川町に至っては、80%が壊滅状態です。

雅俊さんは、4月15日に現地復興委員会の設立メンバーの一員として被災した町に立ち「言葉がありませんでした・・・」と語りました。

そして、地元女川町「さいがいFM」を通じて、次のような応援メッセージを送っています。

「女川町民の皆さん、被災した町を見てきました….。 みんなで復興という言葉を掲げて頑張ろうとしています。 皆さん本当に頑張るしかないと思います。でも一番大事なのは、やはり一歩前に出る気持ちだと思います。 諦めない気持ち、そして前向きな気持ち、それから相手を思いやる気持ち、そういう全ての気持ちをひとつにして、 何年かかるかわかりませんけど、この女川という町をですね、また元に戻すかまた新しい町として作り直すか、 ひとつの目的のためにみんなで力を合わせましょう。がんばりましょう。中村も応援します! 頑張ってください!」

こうしたひたむきに故郷を応援する雅俊さんの心情に打たれ、微力ながら「われら青春!」の仲間たちも、 東北大震災の広大な被災地の中から女川町(石巻市、および周辺地域を含む)エリアに限定し、その復興支援に協力しようとこの組織を立ち上げました。

*雅俊さん自身は「われら青春!女川復興支援隊」に直接属しておりませんが、、被災地訪問、募金活動などで常にサポートしていただいています。

*「われら青春!」とは
Wikipediaの「われら青春!」のページ

*「“われら青春”女川復興支援隊」と「裏長屋マンションズ」
「裏長屋マンションズ」は、俳優 赤塚真人が座長を務める劇団。 「われら青春!女川復興支援隊」代表である 青木英美も在籍しており、 様々な縁に導かれて支援活動の仲間に名を連ねることになりました。
 2010年から公開の始まった、座長赤塚主演の映画『弁護士 布施辰治』(池田博穂監督)では、「日本のシンドラー」とも言われた 布施辰治氏の生涯を取り上げ、宮城県女川町を始め、その生まれ故郷である石巻市などを中心にロケ撮影が行われました。 製作にあたっては地域の皆様に多くのご支援を頂き、撮影に参加した劇団員もたいへん温かく迎えて頂きました。
 さらに、女川町出身の俳優 中村雅俊氏には、作中の朗読という形で特別出演もして頂きました。 『青春とはなんだ』に始まる青春学園シリーズ出演という共通のご縁もあり、被災地への恩返しをしたいという同じ思いを持って、 このたびの支援活動に参加させて頂いています。


「われら青春!女川復興支援隊」代表:青木英美



ホームページアドレス

http://www.wareraonagawa.com



メールアドレス

info@wareraonagawa.com


Copyright 2011 われら青春女川復興支援隊. All Rights Reserved.